ダイヤモンドプロポーズで彼女の心を掴もう!おすすめブランドをご紹介
プロポーズ
彼女の好みやデザインがわからない男性の間で、今人気の「ダイヤモンドプロポーズ」

ダイヤモンドプロポーズは、婚約指輪の代わりに男性が選んだダイヤを渡し、後日ダイヤをお店に持ち込んで彼女に好きな婚約指輪を選んでもらうという方法です。

このページでは、そんなダイヤモンドプロポーズが気になる男性に向けてその魅力をご紹介。

ダイヤを贈るメリットや高品質なダイヤの選び方、そしてWILLMARI編集部おすすめのブランドもまとめました。

実は、世界No.1のダイヤモンドブランドから国内最大級の人気ブランドまで、近年様々なブランドがダイヤモンドプロポーズをおすすめしています。

今回は、当編集部が厳選した3つのブランドをご紹介します。

ダイヤモンドプロポーズを成功させたい男性必見です!

今人気のダイヤモンドプロポーズとは?

こっそり準備してサプライズでプロポーズしたい男性を悩ませるのが、婚約指輪選び。高価なものだから、絶対に失敗したくないですよね。

しかし女性の中には、「サプライズでプロポーズされたい」という憧れがありながらも、「一生身につける婚約指輪は好きなデザインのものを選びたい」というこだわりがある人もいます。

そんなときにおすすめなのが、婚約指輪の主役であるダイヤモンドだけを贈ってプロポーズする方法。

ダイヤモンドプロポーズなら、プロポーズが成功してから、ダイヤモンドをセットするリングをふたりで選ぶことができます。

ダイヤモンドプロポーズは人気上昇中のプロポーズ方法ですが、まだまだ知名度が低いので、どんなものか想像がつかない方もいるのではないでしょうか。

そこで、続いては、ダイヤモンドプロポーズを選ぶメリットとデメリットを解説するので、自分のプロポーズに合っているか確認しましょう。

メリットとデメリットを比較

この章では、近年新しいプロポーズ方法として人気を集めているダイヤモンドプロポーズのメリットとデメリットをご紹介します。

ダイヤモンドプロポーズをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダイヤモンドプロポーズのメリット


  • サプライズでプロポーズができる
  • 彼女の指のサイズを知らなくてもいい
  • 彼女の好きなデザインを選べるので、満足度が高い
  • ダイヤモンドを先に購入するので、予算内に収めることができる
  • 婚約指輪より納期が短く、すぐにプロポーズできる

ダイヤモンドプロポーズの大きなメリットは「彼女の好きな婚約指輪を後で選べる」ということです。

彼女の好みや指のサイズを知らなくても、「好きなデザインの婚約指輪が欲しい」という女性の願いを叶えることができます。

また、婚約指輪の価格の大部分を占めるダイヤモンドを先に購入しておくことで、男性が予算をコントロールしやすくなるというメリットもあります。

ダイヤモンドプロポーズのデメリット


  • 彼女がブランドにこだわる場合、がっかりされることも
  • 婚約指輪に比べるとインパクトに欠ける

ダイヤモンドプロポーズの場合、基本的にはダイヤモンドを購入したブランドでリングを選ぶことになります。

彼女に「ここの婚約指輪でないといや!」という強いこだわりがあれば、そのブランドの婚約指輪を購入したほうが良いでしょう。

またプロポーズのときにダイヤモンドだけを差し出しても、サイズが小さすぎたり輝きが十分でなかったりすると、どうしても指輪より見た目が劣ってしまいます。

それを避けるためには、見た目からして良いものだとわかるダイヤモンドを選ぶことが大切です。

続いては、ダイヤモンドプロポーズを成功させる高品質なダイヤモンドの選び方を解説します。

どのブランドでも同じ!高品質なダイヤモンドを選ぶ基準は4C

ダイヤモンドプロポーズで大切なポイントは、キラキラと輝く高品質のダイヤモンドを選ぶということ。そこで、ダイヤモンドの選び方と婚約指輪のダイヤモンドに適している基準を理解しましょう。

ダイヤモンドの価値は、4Cという以下の評価基準によって決められます。

  • カラット(重さ)
  • カット(研磨)
  • カラー(色)
  • クラリティ(透明度)

これらの基準を1つ1つ解説します。

カラット(重さ)

ダイヤモンドの重さを表す単位。婚約指輪のセンターストーンとしてよく選ばれるのは0.2~0.4カラットです(ゼクシィ「結婚トレンド調査2017」)。

カット(研磨)

輝きを左右するカットは、ダイヤモンド選びにおいて一番重要視すべき指標です。ここは妥協せず、「エクセレントカット」のダイヤを選びましょう。

クラリティ(透明度)

ダイヤモンドの内部の内包物や傷の程度を表します。婚約指輪のダイヤモンドに適しているのはVVS₂(ごくごくわずかな内包物)クラス以上のダイヤモンドで、このクラスは肉眼で内包物が見えることはありません。

カラー(色)

ダイヤモンドは無色透明であるほど価値が高くなります。無色透明を表す「D・E・F」やほとんど無色の「G・H」ランクを選ぶのが基本です。

4Cは品質の良いダイヤモンドを選ぶ際の指標となるので、理解しておきましょう。

おすすめジュエリーブランド3選

ダイヤモンドの選び方を理解したところで、続いてはプロポーズ用のダイヤモンドを取り扱うジュエリーブランドを3つご紹介します。今回は、

  • 高品質のダイヤモンドを取り揃える
  • プロポーズ後に選べるリングのデザインが豊富
  • ブライダルの知識が豊富で、プロポーズのアドバイスをしてもらえる

以上の観点から、ダイヤモンドプロポーズにおすすめのブランドをピックアップしました。

それでは、さっそくおすすめブランドを見ていきましょう。

おすすめブランド1:エクセルコダイヤモンド

世界No.1のダイヤモンドブランドと評価されたエクセルコダイヤモンド。

そのダイヤモンドへのこだわりゆえに、通常の4倍の工程をかけられたトリプルエクセレントカットのダイヤモンドのみを扱っています。

エクセルコのダイヤの箱は、とてもロマンチック。10本のバラがセットされたローズボックスに購入したダイヤモンドをセットすることで、11本のバラの「最愛」という意味が生まれます。

そして、エクセルコは重ね付けにぴったりなセットリングの種類が豊富です。

ダイヤモンドプロポーズなら、結婚指輪と重ね付けしやすく、長く愛用できる婚約指輪を彼女と一緒に選ぶことができます。

一生に一度のプロポーズの瞬間を飾るのにふさわしい、最高峰の品質のダイヤモンドをぜひエクセルコダイヤモンドで確かめてみてください。

おすすめブランド2:BRILLIANCE+

ブリリアンス+は、広告宣伝費や流通コストをカットすることで、高品質のジュエリーをリーズナブルな価格で提供しています。

ブリリアンス+では、ダイヤモンドプロポーズ用に選べるダイヤモンドをなんと10,000種類以上取り揃えています。

様々な品質基準や価格の中から、ぴったりのダイヤモンドを見つけることが可能です。

全国のショールームでの販売に加えてインターネット販売も行っているので、プロポーズ後に忙しくてお店に行く時間がないというカップルでも、オンラインでじっくり婚約指輪を選ぶことができます。

ブリリアンス+は、ハイブランドにこだわりすぎず、本当に良いものを彼女に贈りたいという方にぴったりのブランドです。

おすすめブランド3:アイプリモ

日本最大級のブライダルジュエリー専門ブランドであるアイプリモ。こちらのブランドでも、ダイヤモンドプロポーズのプランを利用することが可能です。

アイプリモは婚約指輪のデザインが60種類以上あり、すべてに星座の名前とストーリーが込められています。

プロポーズ後に一緒に選ぶ際は、ふたりの思いにぴったりの婚約指輪をぜひ探してみてください。

そして、アイプリモの魅力はダイヤモンドプロポーズだけではありません。アイプリモはサプライズプロポーズを手厚くサポート。

男性1人で来店した場合、ダイヤや指輪だけでなく、プロポーズの場所や演出方法をスタッフと一緒に考える「プロポーズサポート」を利用することができます。

「彼女を喜ばせたいけど、何をすればいいのかわからない」という男性に、プロのスタッフのアドバイスが好評です。

サプライズなら、プロポーズリングもおすすめ

ここまで、宝石だけでプロポーズするダイヤモンドプロポーズについて紹介してきました。

ダイヤモンドプロポーズは、「彼女をサプライズで喜ばせたい」男性と「自分の好きな婚約指輪を選びたい」女性の双方の憧れを叶えることができる方法です。

プロポーズの婚約指輪選びで迷っている男性は、ぜひ検討してみてください。

また、ダイヤモンドプロポーズも素敵ですが、後から婚約指輪を選べるプロポーズ方法はダイヤモンドプロポーズだけではありません。

特に「ダイヤモンドも彼女と一緒に選びたい」という方には、プロポーズリングをおすすめします。

プロポーズリングはプロポーズ専用のリングのこと。ダイヤモンドプロポーズと同じく、プロポーズが成功した後に本物の婚約指輪を彼女と一緒に選ぶことができます。

気になる方は、プロポーズリングもぜひチェックしてみてください。

コメント