婚約指輪のダイヤモンドはどう選ぶ?知っておきたい4C基準
婚約指輪
ダイヤモンドは、婚約指輪の印象を決める最も重要なパーツ。

見た目が美しいだけでなく、「永遠の絆」という意味を持つことから、まさに婚約指輪にふさわしい宝石です。

そんなダイヤモンド、大きさだけでなく、輝きや色、透明度など様々な要素を考えて選ぶことが大切だとご存知ですか?

そこで、今回WILLMARI編集部では、婚約指輪のダイヤモンドについて徹底調査しました。

ダイヤの評価基準の基礎である4Cや、失敗しないダイヤモンドの選び方を、婚約指輪を探しているあなたのために詳しく解説します。

大きくて高品質なダイヤモンドのついた婚約指輪を贈る男性はとてもかっこいいですし、彼女も喜ぶこと間違いありません。 当ページを見れば、婚約指輪のダイヤモンドについては完璧です。

それではさっそくダイヤモンドの基礎知識から見ていきましょう!

4C?形?知っておきたい婚約指輪のダイヤモンドの基礎

最高のダイヤモンドがついた婚約指輪を彼女に贈るためには、まずダイヤモンドについてしっかり知ることが大切です。

最高品質とみなされるダイヤモンドは、「4C」という基準で最高ランクの評価がされています。その評価基準を理解しましょう。

ダイヤの評価基準「4C」とは

ダイヤモンドの国際評価基準は、「4C」と呼ばれています。

ダイヤモンドは、下記の4つの要素に基づいて価格と品質が決められます。
     
  • カラット:重さ
  •  
  • カラー:色
  •  
  • クラリティ:透明度
  •  
  • カット:形状・プロポーション

カラットはダイヤモンドの大きさの単位だと思われがちですが、実は重さを表しています。重さが増すほど石のサイズも大きくなるので、存在感が増し希少価値も高くなります。

ダイヤモンドは、見た目からわかりやすいカラットのみが重要視されがちですが、婚約指輪選びにおいては他の要素もしっかりチェックすることが大切。

どんなに大きなダイヤモンドの婚約指輪を選んでも、他の要素を考慮しないと、ダイヤモンドが無色透明ではない、キズや内包物が多い、輝きが弱い…といったようなことになりかねません。

婚約指輪として贈るダイヤモンドに、そのような状態のものではもったいないですよね。

また婚約指輪において、ダイヤの「大きさ」に比べると「品質」がより重要視されていることからも、この基準は大切であることがわかります。

ゼクシィの「結婚トレンド調査2017」によると、婚約指輪の「宝石のサイズ」を重視する人が15.4%なのに対して、「石の品質(4C)」を重視する人は40.2%もいます。

彼女が喜ぶ婚約指輪を選ぶなら、カラット以外の他の要素もしっかりと加味すると良いでしょう。

それぞれの要素についての詳細を、別ページでまとめたので、気になる方は下記のページをご覧ください。

ダイヤモンドの形も様々

婚約指輪で使用されるダイヤモンドの形には、いくつかの種類が存在するのをご存知ですか?

それぞれの形によって、輝きや印象は変わってくるため、こだわりや好みで選ばれることをおすすめします。

ここでは、婚約指輪によく使われる代表的な形を5つご紹介します。

ブリリアントカット

婚約指輪のダイヤモンドの中で最も定番の形がこちらのブリリアントカット。皆さんがぱっとイメージして思い浮かぶであろう、八角形のダイヤがこのカットにあたります。

ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出す形とされており、放射状に光り輝くのが特徴です。

オーバルシェイプ

縦型で丸みのある、小判のような形のダイヤモンド。上品ながら、個性をアピールできるカットです。

ダイヤモンド自体の存在感が強いため、婚約指輪のデザインとのバランスはしっかり考えて決めるのがおすすめです。

ペアーシェイプ

先端が尖った、涙のような形が印象的な形のダイヤモンド。その形状から「ティアドロップ」とも呼ばれています。

上品な印象を与えることができ、婚約指輪以外にも、胸元できらりと光るネックレスとしてよく使われる形のダイヤです。

マーキースシェイプ

17世紀のフランスで大流行した形のダイヤモンド。先端が尖っており、船のような形をしています。

その形状から、実際のカラット数よりもダイヤを大きく見せることが可能です。

ハートシェイプ

ハートをモチーフにしたダイヤモンドです。かわいらしさを全面に押し出したこちらの形は、キュートな印象の女性にぴったり。

ピンクダイヤなど、色付きの宝石にも非常によく合うカットです。

0.3カラットのダイヤモンドが人気

婚約指輪のダイヤモンドについてよく質問されるのは、「どれくらいの大きさのダイヤを贈ればいいのか」ということです。

よく「婚約指輪のダイヤモンドは大きければ大きいほど良い」と言われますが、実際どれくらいの大きさのダイヤが婚約指輪に選ばれているのか気になりますよね。

ゼクシィの「結婚トレンド調査2017」のデータによると、先輩カップルが最も多く選んだのは0.2~0.3カラットのダイヤモンドの婚約指輪。

その中でも特に人気があるのは、0.3カラットのダイヤとなっています。直径でいうと約4.3mmです。

日本人女性の指に程よくマッチする大きさであることや、婚約指輪の平均購入相場である36万円以内に収まることが0.3カラットのダイヤが選ばれている理由です。

また、大きすぎない0.3カラットのダイヤモンドは、どんなデザインの婚約指輪とも相性抜群。ストレートからウェーブまで、幅広いデザインに対応できる大きさとなっています。

この章では、婚約指輪のダイヤモンドの基礎知識についてご紹介しました。前提を理解したところで、続いては実際に婚約指輪のダイヤを選ぶ際におさえておきたいポイントを見ていきましょう。

婚約指輪のダイヤモンド選びでおさえておきたいポイント

それでは、最高の婚約指輪のダイヤを選ぶために大切になる、「選び方」について、前章に引き続き大事なポイントをご説明します。


大きいカラットにこだわらず質のグレードも見る

前の章でも紹介した通り、婚約指輪のダイヤは、カラットだけではなく、その他のカットやクラリティの要素も加味した上で選ぶのが大切。

…とはいっても「どのくらいのレベルのものを選べば、良質なダイヤといえるのか」なんてわからないですよね。

一般的に良質とみなされているダイヤモンドの具体的な基準がこちらです。
     
  • カラット:0.3カラット以上
  •  
  • カラー:F以上
  •    
  • クラリティ:VS以上
  •  
  • カット:エクセレント以上

これらの基準を、1つ1つ見ていきましょう。


カラット(重さ)

やはり婚約指輪のダイヤで選びたいのは、人気の0.3カラット以上。0.3カラット(直径約4.3mm)でダイヤモンドの輝きと存在感をしっかり感じられます。

カラー(色)

婚約指輪においては、無色を意味するF・E・Dのいずれかをおすすめします。

それより下のランクの場合、無色透明のダイヤモンドではないからです。

クラリティ(透明度)

ダイヤの純度が決まるクラリティは、VSクラス(専門家が10倍に拡大するレンズで、傷を発見しにくい)が望ましいでしょう。

それ以上のランクは「FL」や「IF」と呼ばれますが、こちらの2つはダイヤ全体において非常に希少性が高いもの。希少性が高い分、値段も非常に高額になります。

また、専門家が10倍のレンズで見てやっと見つかる傷を、一般の方が目視で見つけられる可能性はとても低いです。

そのため、婚約指輪にはVSクラスのクラリティでも十分であると考えられます。

カット(形状・プロポーション)

「ダイヤの原石」という言葉もあるように、ダイヤモンドはそれ単体でなく、カットによって光り輝くものです。

ダイヤの輝きにおいて、カットは1番重要ともいえるポイントなので、4Cの中でも特にこだわることをおすすめします。

婚約指輪には、最高評価である「エクセレント」の評価を受けているものを選ぶのが好ましいですね。

いかに良質なダイヤを使っていても、ブランド側でのカット技術が低ければダイヤの輝きは最高のものにはなりません。

そのため、ダイヤにこだわった婚約指輪を選ぶ際は、カット技術に定評のあるブランドを選ばれることをおすすめします。

婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際は、上記の基準を注意しながら選んでみてはいかがでしょうか?

ハイブランドにこだわりすぎない

上記で紹介してきましたように、ダイヤモンドは4Cによって価格が決められます。

しかし、実は日本では、ダイヤの価格は4Cだけでは決まらないのです。基本的に、ダイヤは輸入されてから店頭に並ぶのですが…

実はその過程で、流通費や店舗管理費などの経費が足されて価格が決定されているのです!

そのため、できる限りグレードの高いダイヤモンドを使用した婚約指輪を選びたい方は、店舗をもっていない通販ブランドや、ダイヤモンドの卸売りを担うメーカーの直営ブランドがおすすめ。

中間コストが抑えられているため、より良質なダイヤモンドの婚約指輪をリーズナブルに購入することができます。

ブランドに特別なこだわりがなく、良質なダイヤモンドの婚約指輪をお考えの方は、ぜひ通販ブランドやメーカー直営のブランドを探してみましょう。

まとめ

当ページでは、婚約指輪のダイヤモンドについて解説してきましたが、いかがでしたか。婚約指輪のダイヤモンドに関するあなたの疑問が解消されれば幸いです。

最後に、ダイヤモンド選びのポイントをおさらいしておきましょう!
  • まず4Cとダイヤモンドの形を把握する
  • みんなが選んでいる婚約指輪のダイヤモンドのカラット数は0.3
  • ダイヤモンドを選ぶ際は、カラットだけでなく質のグレードもしっかり確認する
  • ダイヤモンドにこだわるブランドで、「エクセレント」のカットのダイヤモンドを選ぶ
  • ブランドやお店にこだわらないことで、最高品質のダイヤモンドを適正価格で手に入れられる

以上のポイントを踏まえて、ぜひ最高のダイヤモンドの婚約指輪を見つけてくださいね。

彼女が喜ぶ婚約指輪を選ぶためには、高品質のダイヤモンドももちろんですが、そのダイヤを添える婚約指輪のデザインも大事です。

実際、婚約指輪を購入した方の約80%がデザインを重視する(※ゼクシィ「結婚トレンド調査2017」)ので、その大切さがよくわかりますよね。

こちらのページではそんな婚約指輪のデザインについて詳しく解説しているので、ぜひ見てみましょう。

コメント